村上由希子 帽子展  終了いたしました

村上由希子 帽子展

11月25日(金)~27日(日)の3日間

 

京都の帽子作家 村上さんと出会ったのは

今年の秋。

とても素敵な帽子を展示していた会場では

ひときわ目立って、そこに花があるような感じでした。

 

アンゴラの素材をいかした風合いよい

柔らかな帽子です。コサージュやリボンが

年齢関係なくアクセサリーのように

引き立ててくれます。

寒さを忘れさせてくれるような

やさしい帽子です。

 

 

 

 

 村上由希子 プロフィール

 

1971年京都生まれ
京都芸術短期大学造形学部映像科卒業
22歳でフェルトワークと出会う
2002年パリにて展示会出展

羊の原毛を重ね擦り布化するwet feltと、針で絡ませ硬化するneedle feltの2つのテクニックを用い、絵画のような色彩と彫刻のようなフォルムを併せ持つフエルト作品を制作している。

 

Makes felt art as colorful as paintings and rich in form as sculptures through the combination of two techniques’, wet felting, making fibers through repeated agitation and compression, and needle felting, using a barbed needle to interlock and compact wool fibers.

 

 

企画展の様子→ http://bashow.jugem.jp/?eid=1168359